ブログトップ

泥亀の抽斗

f0121106_22591977.jpg

2007年2月サイトトップ絵より、高丘家両親こと、映士の父漢人と母ケイの二人です。
「すべては愛より始まる」は、やはり葵ちゃんにつけてもらった題名です。
実は本編では別々の登場だったので、実際にはこの両親のツーショットはなかったのでした。
お似合いのご夫妻なのにもったいない!というのと、くりんちゃんからの「映パパ!」リクエストを受けて仕上げた1枚です。
しかし、お二人が見事なまでの寒色系…。
衣装も髪も黒いパパ、そして衣装も髪も白いママ(苦笑)。
冬に描いた絵でしたが、雰囲気だけは暖かくと思って仕上げました。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-10-27 23:03 | 冒険の抽斗

f0121106_22501490.jpg

本サイトのトップ絵として描いたものをご紹介いたします。
映ちゃんにどっぷりはまったころ、今度のトップ絵は映ちゃんで、と葵ちゃんからリクエストされて描いたもので、初めてきっちりペンを入れて仕上げた映ちゃんです。
「高丘の末裔」という題名は、葵ちゃんがつけてくれました。
まだ一人でアシュと戦っている頃の映ちゃんのイメージです。
高丘家の最後の一人ではあるけれど、決して絶望することなくまっすぐに前を向いている、そんな雰囲気を表現したいと思って描きました。
パソコンで絵を描くようになって、けっこう慣れてきたかな?というころですね。
錫杖は資料を見て、かなり気合いを入れて描いてます。
衣装は…実はこのころはまだよくわかってませんでした(苦笑)。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-10-27 22:57 | 冒険の抽斗

f0121106_23324360.jpg

以前UPした年賀状のフルカラー版です。
もともとは本サイトのトップ絵用にフルカラーにしたもので、キリ番リクエストイラストでもありました。
3人の雰囲気がらしく描けたかなと思った作品です。
画面上に複数の人物を描くときは、それぞれの人物らしさが出るか、を一番気にして描いてます。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-10-13 23:43 | V3の抽斗

高丘映士:ミニ本表紙

f0121106_2146950.jpg

2007年夏の陣、無事に終了いたしました。
今回はペーパー代わりにミニサイズの本を作ってみました。
B4サイズの紙の真ん中をカッターで切って、折って作ったB6サイズの折り本です。
新刊と呼ぶにはあまりにも小さな本ではありますが、まがりなりにも初ボウケンジャー本、夏の陣出発前夜に徹夜で仕上げた一冊となりました(苦笑)。
本当はもっと気合いの入った新刊をと思ってはいたのですが…、忙しさに負けてしまいました。
愛情だけはたっぷりと注いだのですが…果たして伝わるでしょうか。
というわけで、ミニ本の表紙の映ちゃんです。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-08-23 21:50 | 冒険の抽斗

ちょっとオリジナル

f0121106_1325843.jpg

たまにはオリジナル作品なども…。
これはオリジナル本の表紙用に描いたイラストです。
パソコンで色塗りしたオリジナル作品はこれが初めてだったんじゃないかと…。
濡れたTシャツの描き方にはまっていたことがありありとわかる作品ですねえ。
ちょうど目にする機会がありまして、「こうなるんだー!」と思ったもので、この時期に描いたカラー原稿はこんな絵ばかりだった気がします(苦笑)。
他のカラー原稿はアナログに水彩画でしたが。
たまにはこういうのも描きますということで。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-07-05 01:37 | 創作の抽斗

久しぶりのアップです

f0121106_1164579.jpg

一体何ヶ月放置しているんだ…というくらい長らく更新がありませんでした、まことに申し訳ございません。
さて、今回は2004年の年賀状およびキリリクイラスト(葵ちゃんのつけてくれたタイトルは「さるっ!?」)として描いたトリプルライダーのモノクロ画です。
いただいたリクエストのお題はトリプルライダー、いろいろなパターンを考えましたが、最終的に落ち着いたのは3人のややコミカルなこのイラストでした。
2004年が申年ということで、なぜかマダガスカル島のワオキツネザルを資料片手に嬉しく描いた記憶があります。
たまたま写真を見て、可愛らしさにこれだ!と思ったのがワオキツネザルだったのでした。
しましまの尻尾が猛烈にツボだったもので。
かくして、下絵から楽しく描いて、フルカラー仕上げも大いに楽しんだ1枚です。
年賀状は気合いを入れてプリントゴッコ3版刷りにて仕上げました。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-07-05 01:23 | V3の抽斗

ウェルカムボードの第3弾(完結編)です。
いよいよ仕上げ段階ですが、絵を描く参考には…あまりならないと思います。
興味のある方のみご覧くださいませ。
f0121106_0422422.jpg

背景はワタクシ的花嫁のイメージカラーでさらりと色づけ…のつもりでした。
が、実は背景は何度か塗ってみてはレイヤーごと捨てて塗り直しを繰り返しました。
重視したのは雰囲気なのですが…なかなか思う雰囲気にならず苦戦しました。
f0121106_0424577.jpg

つづいてハイライトを入れております。
アクセサリーなどはハイライトが入ると入らないでは大違い!
ピクセル等倍まで拡大して、細かいところまでハイライトを入れまくりました。
最後には目がちかちかしてモニターの画面が見えなくなってきたりして…。
この時点で「一応完成」としましたが、結局さらに手を入れました。
f0121106_0431283.jpg

以前、sorcererさんがソフトライトを使うとおっしゃっていたのを思い出して、ヴェールの仕上げに使ってみました。
透明感ってこうやったら出るんだ!と私自身目からウロコが落ちたのがこれでした。
ソフトライトとスクリーンモードを使ってヴェールの透明感とドレスの光沢を表現してみました。
最後は各レイヤーの不透明度を調整して、イメージに近い雰囲気に仕上がりました。
というわけで、ようやく完成です。
お付き合いいただきありがとうございました。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-03-28 00:59 | 描き方の手順

ウェルカムボード、描き方の手順第2弾です。
使用ソフトはPhotoshop6.0、愛機はPowerMacG4です。
そうは見えないと思いますが、色塗りは数日かかって作業を進めました。
万一の失敗も許されない!という緊張感から、レイヤー分けと保存に命をかけました。
その作業の一端をお見せしておりますが、興味のある方のみご覧くださいませ。
f0121106_0172134.jpg

色の塗り方は、習作の場合とほぼ同様で、下の色から順に重ね塗りしています。
プリントアウトする絵なので、CMYKモードで色づけしています。
まずは一番下、肌から塗り始めますが、プリントアウトする場合は、肌色にC(シアン)が混ざるとくすんで見えるので、Cが0%であることを必ずチェックしています。
f0121106_0173871.jpg

次に髪、重くなりすぎないように気をつけました。
明るい雰囲気の絵にしたいので、輪郭も含めて真っ黒(K100%)は使っていません。
f0121106_0175132.jpg

次に新郎の衣装、薄い色から濃い色の順に色づけしています。
今回はレイヤー分けを細かくして、細部まで描き込んでいます。
タイの柄まで描いたのは初めてかも…。
f0121106_018287.jpg

そしてウェディングドレスとヴェールに色づけ。
チュールレースを再現しようと四苦八苦しましたが…難しすぎました。
というわけで、続きはまた次回、その3(完結編)にて。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-03-28 00:41 | 描き方の手順

3月24日に執り行われました弟の華燭の典に花を添えるべく、ウェルカムボードを描きました。
これがなかなかコトでした。
弟はもちろんですが、何といっても花嫁に喜んでもらえなければ意味がない!
私にしては珍しく、送ってもらった写真と首っ引きでドレスやらティアラやらといった衣装からアクセサリーを細かく描くことに…。
ミスは許されない…と気合いを入れて描いたので、途中経過の保存が良好です。
興味のある方のみご覧くださいませ。
ただし、絵の描き方として参考になるかというと…それはあまり…。
f0121106_1483137.jpg

下絵が仕上がると絵の半分は出来たような気になります。
ここに行き着くまでに、ラフもけっこう描きましたが、下絵はほぼ仕上がりのものが気に入らず、もう一度書き直しました。
表情は絵の命だと思うだけに、これが気に入らないことには…。
というわけで、これが完成した下絵になります。
下絵段階で弟たちにチェックしてもらったのでこれが残ってました!
下絵がちゃんと残っている絵は…私にとっては大変珍しいですね〜。
f0121106_15473.jpg

鉛筆書きの下絵に、普通にGペンにインクをつけてペン入れしました。
消しゴムをかけた後、線画をスキャナ取り込み…私の描き方は基本がアナログです。
だから下絵は残らないことがほとんどなのです(苦笑)。
ペン入れするのは、その方が断然きれいにスキャナ取り込み出来るから。
線画がきれいに取り込めると、仕上がりが全然違いますからねえ。
今回は細部まできっちり手を入れて仕上げたかったので、スキャナ取り込みの解像度はいつもより高めの400dpiでした。
ちなみに、日頃は習作でもトップ絵でも300dpiが標準です。
つづきはその2にて。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-03-23 02:05 | 描き方の手順

お役に立たない描き方の手順、習作その3…完結編です。
全く手のかかっていない仕上げ編…すみません、いかに適当に仕上げているかがわかるあたりが…申し訳ない限りです。
素早く色を塗るための描き方であることがまるわかり…。
そして相変わらずPhotoshopは宝の持ち腐れ?というほど…機能を使いこなしておりません。

f0121106_025218.jpg

肌レイヤーの下に背景色レイヤーを作って、エアブラシツールでさらりと色づけ。
エアブラシツールはサイズ300、強さ26〜62%(適当)、ここだけスクリーンモードにしております。
スクリーンモードは重ねると色が薄くなるので、意外性のある仕上がりになるのがお気に入り。
色を濃くしたいときは乗算モードに切り替えて、濃くなりすぎたら通常モードで薄めの色を重ね塗り…計算というよりはかなり感覚的に塗ってますね…。

f0121106_0254040.jpg

ハイライトレイヤーは主線より上、つまり一番上に作ってます。
エアブラシツール、サイズ3〜9、強さ100%(私が強さ100%を使用する唯一の場所かも…)。
はみ出しは指先ツールで直せばいいや!と直感的に描き込みます(大雑把すぎ…)。
ハイライトを入れると絵がしまって見えるので、実はこの作業が一番楽しいかも。

f0121106_026223.jpg

最後に…あまりにもあっけらかんとした仕上がりなのを何とかしたくて入れてから病みつき…の文字レイヤーをハイライトの上に重ねます。
最近のお気に入りはベベルとエンボス・ドロップシャドウ・グラデーションオーバーレイ。
調子を見ながら不透明度を80%にして、できあがりです。
元の絵があれば、色を付けるだけでおおよそ1時間半〜2時間という作業です。
大雑把すぎてあんまり参考にならない内容でしたね…お目汚し失礼しました。
というわけで、習作の描き方はだいたいこんなところです。

風水
[PR]
# by kazamidori-v3 | 2007-03-01 00:41 | 描き方の手順