ブログトップ

泥亀の抽斗

描き方の手順:習作その1

ちょっと描き方の手順編をスタートしてみます。
gooブログでUPしている習作について、どうやって描いているのかというご質問をいただきましたので、それでは…と思いついた次第。
ただ、私の場合…描き方といっても特別なことは全くしていません。
使用ソフトはPhotoshop6.0なのですが、むしろアナログ塗りに近いのでは…?
基本は大雑把、短時間でささっと仕上げよう!という習作ですから、実は全く他人様の参考にはならないのではないかとさえ思っています(汗)。
興味のある方のみご覧いただければ幸いです。

f0121106_23291667.jpg

最初にクロッキー帳からグレースケールでスキャナ取り込みします。
習作の場合は300dpiでスキャニングすることがほとんどです。
クロッキー帳の地肌や汚れが出ているときは、明るさ・コントラストを調整してからエアブラシツールで汚れの部分を塗りつぶしてます。
それからRPGデータに変換して、背景レイヤーをコピー→主線レイヤーとして乗算モードに。
ほかのレイヤーはすべて通常モードで作成しますが、私のレイヤー分けは…背景と主線をのぞいてもせいぜい5〜6枚です。

f0121106_23293371.jpg

最初に肌レイヤーを作って、肌の色を塗ります。
ブラシツール、強さ62%、サイズ100→65→35(大雑把すぎ…)、ウェットブラシで塗り重ねます。
薄い色→濃い色で肌色を3色くらい重ねて少しずつ影を濃くしていきます。
はみ出しは後で直せるから〜と、気にせず大雑把に塗っております。

f0121106_23295625.jpg

次に指先ツール、サイズ45→35くらいでなじませてぼかします。
はみ出しは、このとき適当に修正します。

f0121106_23301196.jpg

次に髪レイヤーを作って髪に色を付けますが、これも肌とほぼ同じ手順です。
ブラシツールで大雑把に髪の流れに沿って色を塗りますが、はみ出しは気にしません。
強さ62%、サイズ100→65→35→21くらいの順で、薄い色から塗り始め、だんだん濃い色を塗り足します。

f0121106_23311345.jpg

再び指先ツールでなじませつつ修正いたします。
修正したらまたブラシツールで塗って、再び指先ツールで…という手順を数回繰り返します。
つづきはその2にて。

風水
[PR]
by kazamidori-v3 | 2007-02-28 23:53 | 描き方の手順